ジェルネイルで気をつけること

最近流行りのジェルネイルですが、実はジェルネイルにはちょっと気をつけておかなければならないポイントもあります。

それがグリーンネイルという症状です。

グリーンネイルとはどんなものなのでしょうか?

ジェルネイルを定期的にやっている方、特に自宅で独学でジェルをしている方などにあるのですが、緑膿菌に爪が感染してしまい、緑色に変色してしまうことをグリーンネイルと呼びます。

自己流でジェルネイルをやっている場合などにジェルが浮き上がってきてしまい、爪の横の部分から菌が入ってしまうケースがあるようです。

グリーンネイルならないためには?

湿度が高いシーズンが要注意なので、梅雨から夏の時期は十分にケアをしなければなりません。

グリーンネイルの対処法としてはジェルの浮きを防ぐよう努力することです。

特に湿気の影響を受けやすいフットネイルはグリーンネイルが多いようです。

最近はフットネイルのジェルネイルが流行っていますので、特に暑いシーズンには足のグリーンネイルにならないよう対処方法を学びましょう。

やはり4週間~6週間できちんとケアするように心がけたほうが良いようです。

ジェルネイルを自分でやっている方はぜひグリーンネイルに注意して綺麗なネイルを保ちましょう。